スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の骨の孔という孔全部に 周囲の樹木の根が入り込んでいました

お坊さんの話を聞きたい
----------------------------------------------------------------------------------------------------

47:本当にあった怖い名無し:2010/01/13(水) 13:42:36 ID:4gpL2nAO0

お墓についてお話を:
昔、子供の頃、自宅(寺院)ウラの墓を移設することになり掘り起こしました。
江戸時代の古い墓を整理して、新しい墓敷地にするためです。無縁仏の墓も多かったのです。
江戸時代の墓は土葬が多いのです。おわかりですね。
掘っていくと、人骨がたくさんでてきました。
頭の骨には眼窩など神経や血管の通る孔があるのですが、その孔という孔全部に
周囲の樹木の根が入り込んでいました
。栄養があったのでしょうね。それに
つられて埋葬された後に細かい根が入り込んだのでしょう。
骨を取り出すときに、根っこをみなはさみで切って取り出しました。
また、骨に病変が見られるものもあり、掘っている大人たちは、
「ああ、これは梅毒だ。でももう感染しまい」と話し合っていました。
遺骨は懇ろに供養しましたが、子供心にちょっとぞっとする光景でした。


49:本当にあった怖い名無し:2010/01/15(金) 13:09:36 ID:0Xn1s95eO

坊さんはどんな修行をして何の技を身につけるの?


60:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 16:33:25 ID:8Kw8C1fm0

>>49
ある真言宗の場合ですが。(1)「得度(仏門に下り、剃髪すること)」 (2)「加行(本格的に修行に入る
前段階の修行を行うこと)」 (3)「受戒(仏門下として守るべき戒めを説かれ授かること:修行)」
(4)「灌頂(伝法を受けること:修行)」 (5)「祖廟参籠 度牒授与・僧籍簿(最終修行:
ここで最終的に資格を得る)」 を満たさねばなりません。
どこかの大きな寺で修行させてもらうのがよろしいでしょうね。

53:本当にあった怖い名無し:2010/01/15(金) 22:41:01 ID:37JjPPgq0

坊主なんて関内のクラブ街で普通に見れるよ。
羽振りもよさそうでw


54:本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 08:28:32 ID:8Kw8C1fm0

>>53
それは多角経営をやっている寺の住職か、本山の僧侶ではなですかな。
普通の田舎の寺院では経営は大変です。他の職業と兼業が多いですよ。




Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。